15回岩の力学国内シンポジウム

 


2021年114()16() 「関西大学100周年記念館」(関西大学千里山キャンパス)にて開催.

論文概要提出締め切りは終了しました.多数応募して頂きまして,誠にありがとうございました.

 

関西3府県への緊急事態宣言がだされましたが,会場の方針としては,感染対策を十分行った上で,「対面での開催も可能」です.よって,事務局として,会場での皆様のご参加をお待ちしております.一方,緊急事態宣言がだされることで,他府県等から会場(大阪)に参加することが難しい状況になることを察します.対面からオンラインに変更になることは,現状を鑑みるとやむを得ない状況であります.もし,今後対面からオンラインに変更になった場合は,特にご一報頂くことなくても,事務局としては問題ありません.何卒宜しくお願い致します.コロナ感染には,くれぐれもご自愛ください.

 

 

<開催案内>        <講演募集案内>    <投稿者専用>      <パネルデスカッション>NEW

<参加登録>        <WEB技術展示    <基調講演・特別講演>

<現場見学会>       <プログラム>       <論文概要集>          <発表要領>

  受賞NEW

 

<第15回岩の力学国内シンポジウム開催案内>

岩の力学連合会(JSRM)では,岩の力学に関する最新の調査研究,技術の成果,実際上の諸問題などの発表の場を広く提供するため,4年に一度「岩の力学国内シンポジウム」を開催しております.皆様の講演応募,ご参加をお待ちしております.

 

■ 名 称

15回岩の力学国内シンポジウム

■ 主 催

岩の力学連合会

■ 共 催

(公社)土木学会,(一社)資源・素材学会,(公社)地盤工学会(幹事学会), (公社)日本材料学会

■ 期 日

2021年114()15(),(16():現場見学会)

■ 場 所

関西大学100周年記念館(関西大学千里山キャンパス)
https://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/institution.html

参加登録料

 

新型コロナウィルス感染拡大の状況を考慮して以下の通り実施します.なお,大阪府では,現在,不要不急の外出自粛要請が出ておりますが,会場の方針としては,感染対策を十分行った上で,「対面での開催も可能」となっております.

なお,事前申し込みは終了しました.多数のご応募ありがとうございました.


・当日参加

<連合会会員に所属(個人会員)>一般 15,000円,学生 3,000円(税込み)

<共催学会に所属>一般 16,000円,学生 3,000円(税込み)

<非会員> 一般 20,000円,学生 3,000円(税込み)

※当日参加の皆様には,現地で参加料をお支払いすることはできません

※事前登録期間は終了しました.事前登録期間以降は,当日参加登録となります.

※参加料の振込先の情報は下記よりダウンロードし,当日申込用の返信フォームにてご登録ください.

当日オンライン参加で現地にお越しいただけない方におかれましては,Zoomのアクセスアカウントや講演論文集のダウンロードおよびポスター・技術展示の閲覧用パスワードをお送りする関係で,シンポジウム開催前のできるだけ早いタイミングで参加登録,入金をお願いいたします.

 

☆ダウンロード

■ 第15回岩の力学国内シンポジウム_返信フォーム(当日申込者用)_20210105.pdf

 

■ 第15回岩の力学国内シンポジウム_返信フォーム(当日申込者用)_20210105.docx

 

■ 問合先

15回岩の力学国内シンポジウム事務局
E-mailjsrm_sympo_2021"at"rocknet-japan.org

"at"を@に変換してください.

 

<受賞者>

 

■優秀講演論文賞

【講演番号79】

著者:

橋本 涼太(広島大学),小山 倫史

論文タイトル:

不連続性岩盤を模擬した金属六角棒積層の斜面模型の動的挙動評価(11)

−改良型不連続変形法による予測解析−

 

【講演番号54】

著者:

伊澤 正悟(京都大学大学院),緒方 奨,安原 英明,木下 尚樹,岸田 潔

論文タイトル:

鉱物分布・組成の不均質性を考慮した花崗岩の水圧破砕解析

 

■優秀ポスター賞

【講演番号105】

著者:

吉田 智彦(鳥取大学大学院),河野 勝宣,西村 強

論文タイトル:

乾湿繰り返しによる岩質材料の強度低下に及ぼす含有粘土鉱物の影響

 

【講演番号85】

著者:

平塚 裕介 (大成建設),山本 肇,熊本 創,増岡 健太郎

論文タイトル:

前方調査ボーリングの湧水測定技術「T-DrillPacker」の開発

 

 

WEB技術展示閲覧>

 

01 大林組のトンネル前方探査技術

 

02 大林組の山岳トンネル変状監視技術

 

03 大林組のずり運搬技術のご紹介

 

04 大成建設の最新岩盤工学関連技術のご紹介

 

 

<ポスター閲覧>

 

講演番号:

 

               11     12     38     41     47

 

54    63    68    70      79     82     85     103

 

104   105   106   107    108    109     110     111

 

※講演番号をクリックされると,Dropboxの画面があらわれます.閲覧するためのアカウント(パスワード)は参加申し込み者に,学会登録事務局から後日お知らせしますので,そちらのパスワードを入力して閲覧してください.

なお,ダウンロードはできません.

※14日のポスターセッションにて,zoomを用いてオンライン側から質問を募る予定ですが,時間に限りがあります.よって,本セッション内で質問のやりとりができなかった場合は,(ポスターに記載のメールアドレス等より)直接のやり取り頂ければ幸いです.

 

【投票方法】

会場にお越しになられる参加者へ:

投票用紙をお渡ししますので,投票用紙にご協力ください(下記,Googleフォームで登録されても良いです).

WEB参加者へ:

当日会場で投票できない場合は,Googleフォームを用いた投票を行う予定です.投票は,2021114日(木)〜117日(日)17にてお願いします.

投票,ありがとうございました.

Googleを利用できない場合は,下記のメールアドレスまで投票結果(優れた講演番号(ポスター番号)を2件)をお知らせください.

・提出先:E-mailjsrm_sympo_2021"at"rocknet-japan.org

"at"を@に変換してください.

 

 

<現場見学会>

 

【安威川ダム建設現場】

日時:116日(土) 

集合場所:関西大学 100周年会館(会場と同じ)

集合時間(関西大学):9時 ⇒ 安威川ダム:10時〜(見学時間2時間程)

参加費:5,000円(予定)

募集人数:30名(先着順)

http://www.pref.osaka.lg.jp/aigawa/aidamu/index.html

 

【大阪府による展示】

114日(木)は午後13時からzoomを立ち上げておきます。奮ってご参加ください。

 

115日(金)は,zoomによる説明はありません。下記,「現場見学会資料」をご参照ください。質問がありましたら,下記Googleフォームにてご回答ください。または,現場見学会にご参加いただき,ご質問をお願いします。

 

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeImUzTiSVZRK9gDiPphhDBrgZG7oeF-hWJDicPaqKcoKA7vA/viewform

 

 

☆ダウンロード

 

現場見学会資料 (ver.1

 

 

<基調講演・特別講演>

 

【特別講演】

楠見 晴重教授

講演タイトル:京都 千年の地下水

https://www.kansai-u.ac.jp/ordist/staff/data/id015288.html

 

【基調講演@】

Prof. Jae-Joon Song

講演タイトル:Effect of discontinuities on mine pillar stability

https://eng.snu.ac.kr/node/10147

 

【基調講演A】

Dr. Suseno Kramadibrata, Indonesia

講演タイトル:Uncertainty in Rock Mechanics and Rock Engineering with Particular Reference to Indonesia Mining Operation

https://www.isrm.net/gca/index.php?id=1403

 

 

基調講演資料

 ※基調講演資料,ダウンロードできます.共通のパスワードがかかっています.

 

 

<論文概要集>

 

論文概要集

※論文集については,下記のURLよりダウンロード可能です.

 

https://fpost02.itc.kansai-u.ac.jp/public/FwZ0wAYHd4TAgw4B_2p2fSX9oZ2KpaC6T5xjpXYpxHMC

 

パスワード等は,17日頃に参加者の皆様宛にメールで送られる予定です.そちらに記載されていますのパスワードを入力してダウンロードしてください.今回のものはダウンロード期限が113日までとなっていますのでご注意願います。なお,13日以降に,新たに同様のリンクを掲載する予定です(ダウンロード期限を延長したもの).

※また,ダウンロード後は解凍の上,フォルダにあるindex.htmlファイルをクリックしてください.

 

 

<プログラム>

 

プログラム ver4 (2021.1.4)

※本シンポジウムでは,ハイブリッド形式での開催を計画しておりますので,対面または遠隔のいずれの方法でも発表が可能です.

※遠隔では,ホスト側のPCが万が一の場合で接続がきれる場合も想定されます.その際は,できるだけはやく復旧するように努めますので,ご容赦ください.

 

  

<発表要領>

 

発表要領

アカウント(ID・パスワード)は参加申し込み者に学会登録事務局から後日お知らせします.

 

 

<パネルディスカッション>

 

ILC

日時:114日(木) 17301815

会場:第1会場

 

高レベル放射性廃棄物処分

日時:115日(金) 15301615

会場:第1会場

 

高レベル放射性廃棄物処分資料

 ※高レベル放射性廃棄物処分資料,ダウンロードできます.共通のパスワードがかかっています.

 

 

WEB技術展示>

15回岩の力学国内シンポジウム

WEB技術展示」 出展募集のお知らせ

 

15回岩の力学国内シンポジウム運営委員会 委員長 楠見 晴重

 

岩の力学連合会では,「第15回岩の力学国内シンポジウム」を202011415日(金)に大阪において開催します.これまでの開催準備に対するみなさまのご支援とご協力に感謝申し上げます.

さて,今回のシンポジウムでは,コロナ感染拡大防止を考慮して,対面でのパンフレットや試験装置等の実物を展示する展示会の代わりに,当シンポジウムホームページ上からの動画閲覧(パワーポイントでの作成)で実施いたします(※同じ動画ファイルは,会場の一室でも繰り返し放映予定です).この展示会では,みなさんから動画を集めて展示します.シンポジウム参加者は,パソコンやスマートフォンなどの端末を介して,いつでも,どこからでも動画ファイルを閲覧することが可能です.パワーポイントには,ナレーションを入れて頂き(3分以内),電子データで提出いただければ,シンポジウム事務局が,動画編集をして動画ファイルにし,シンポジウム公式 HP上にアップロード(リンク先を設けます)いたします.また,動画ファイルは,会場でも放映します(ファイル作成の仕方は,マニュアルをご参照ください).

日ごろより,岩の力学,防災,環境,資源・エネルギー,建設,調査,試験,解析など関連技術の研究開発に取り組まれているみなさまの,技術や成果,製品,サービスを発信する大変良い機会であるとともに,ビジネス展開への絶好のチャンスでもあります.本シンポジウムをご支援いただく意味も含めまして,この『WEB技術展示』へのご出展を検討くださいますよう,なにとぞよろしくお願いいたします.

1.第 15 回岩の力学国内シンポジウムについて

日時: 2021114日(木)〜16日(土)(16 日(土)は現場見学会)

会場: 関西大学100周年記念会館(吹田市)

主催: (一社)岩の力学連合会

共催: (公社)土木学会,(一社)資源・素材学会,(公社)地盤工学会(幹事学会),(公社)日本材料学会

シンポジウム公式サイト: http://www.rocknet-japan.org/jsrm2021/index.htm

2.WEB技術展示の概要および出展募集

WEB技術展示は,シンポジウム公式 HPに動画ファイルへのリンク先を設ける予定です.展示の基本仕様と特徴は以下のとおりです.出展をご希望の方々は,出展申込書の提出をお願いいたします.詳細や不明点につきましては,下記 連絡先にe-mailでお問い合わせください.

・出展申込書:JSRM2021_webexhibition_form.docx(本紙最終頁にも同じものがあります)

・申込期限:2020 12 20日(日)

・申込先・問合せ先:E-mailjsrm_sympo_2021"at"rocknet-japan.org

"at"を@に変換してください.(展示担当:北岡貴文(関西大学))

・なお,パワーポイントの資料は,2021 1 8日(金)17時までに,申込先と同じアドレスにお送りください.

(3) 長期間展示

シンポジウムの開催期間直前にWEB展示空間が公開され,シンポジウム終了後にも約三カ月間公開(2021331日までを予定)された状態が続きます.従って,情報発信の期間が通常の対面での技術展示会に比較して圧倒的に長くなるメリットがあります.

(4) 出展料

一般企業・研究所等は2万円,大学・学会委員会等は1万円.

(5) 早めのエントリー!

早い順番での展示資料が閲覧されることを希望される場合には,できるだけ早く出展の申し込みをしていただくことをお勧めします.※会場では,繰り返し放映されるようにします.

(6) 申し込み手続き

所定の申込用紙に必要事項をご記入いただき,お早めにご登録ください.受付完了後,ナレーションを加えたパワーポイントのファイルは,後日WEB技術展示担当者にお送りいただきます.詳細は申込用紙をご覧ください.多数のご応募をお待ちしております.

 

<ポスターセッション>

 

ポスターのデータが集まりましたら,こちらにポスター発表者のデータを張り付ける予定です.優れたポスター発表者への投票のご協力をお願いします.なお,詳細につきましては,下記,ポスター発表要領をご確認ください.

 

☆要点☆

ポスターは,A0サイズ(印刷物)でのご作成,pdf版(電子データ)と,両方の準備をお願いします.

※当日,一分程度でポスターの内容をご紹介頂きます.その後,オンライン側から質疑応答(手短に)して頂く予定です.

 

PDF(電子データ)】

・提出期限:2021 1 11日(月) 17時まで

・提出先:E-mailjsrm_sympo_2021"at"rocknet-japan.org

"at"を@に変換してください.

 

【郵送(印刷物)】

・提出期限:2021 1 13日(水) ※会場必着

・ポスターサイズ:A0

<郵送先>

564-8680

吹田市山手町3-3-35関西大学100周年記念会館内

株式会社 関大パンセ 宛

 

 

☆ダウンロード

 

ポスター発表要領 ver.3

 ※ver.2から,会場の図を微修正しました.

 

 

<講演募集案内>

下記の要領で「第15回岩の力学国内シンポジウム」の講演原稿を募集いたします.ふるってご応募ください.なお,概要申込み,講演原稿の提出,審査結果の閲覧などの手続きはすべてインターネット上で行なっていただきますのでご留意ください.

 

■募集部門

岩の力学に関連する特色ある調査・設計・施工・現場計測・維持管理などについて,新しい技術的知見を含み工学的に価値のある研究や提案,事例報告を幅広く受付けます.ただし,講演原稿は,原則として未発表のものに限ります.

【募集テーマの例】

・国際プロジェクト,リスク・マネージメント

・資源開発,エネルギー貯蔵,放射性廃棄物処分,リハビリテーション ・環境問題,CCS,地震,防災,維持管理

・調査・探査,試験・計測,解析,設計・施工,GIS

・トンネル,地下空洞,地下空間,地圧,初期応力,斜面,ダム・構造物基礎

・軟岩,透水・浸透,不連続面,動的物性,連成問題,グラウト技術

・その他,岩盤に関する様々な話題

■投稿資格

岩の力学連合会会員,非会員を問いません.

■講演原稿

日本語または英語で書かれた講演原稿をPDF形式で提出していただきます.ページ数は46ページ(A42段組)とします.

■発表

掲載が決定した講演原稿の著者は,「第15回岩の力学国内シンポジウム」で講演を行っていただきます.講演をされる場合にも参加費が必要です.
発表形式は口頭とポスターとなります.申し込み時は,「口頭発表」と「ポスター発表」を募集しますが,「口頭+ポスター」は募集しません.ただし,ポスター発表の希望者が少ない場合のみ,セレクテッドペーパーに対しポスター発表を依頼することがあります.

■審査

講演概要と講演原稿に対して,3名の審査者による審査を行い,岩の力学国内シンポジウム実行委員会,学術部会が最終的な採否を判定します.審査結果はインターネット上で掲載されます.
各著者は,概要申込み時の「登録メールアドレス」と「受付番号」を用いてログインし,審査結果を各自で確認してください.

 

☆申込み・投稿の流れと手続き

 

■重要な日程

◆講演概要の申込期限:2020630() 17

※講演概要の締切延長:2020715() 17時(締切間近!!)

※締め切りは終了しました.
◆講演原稿の提出期限:2020930() 17

※締め切りは終了しました.
◆最終原稿の提出期限:20201115() 17
◆シンポジウム開催日 :2021年114() - 15()

STEP1

【講演概要の申込み】
講演の応募を希望する方は,下記期間内に「投稿者専用入口」ページから講演概要を登録してください.
◆概要申込期間:2020511()715() 17時(締切間近!)
 1.著者氏名と所属先(第一著者,連名者合わせて6名まで)
 2.発表者の選択
 3.連絡先(案内等送付先)
 4.講演題目
  商標,商品名,特定の工法名は避け,一般名称を用いること.
 5.講演概要
  研究・報告の概要(目的,方法,主な結果など)を400字以内
  記載する.
 6.発表希望セッションの選択(必ず第1希望,第2希望まで選択)
 7.講演内容の分類区分の選択
 8.発表形式の選択
  1)口頭, 2)ポスター の中から1つを選択

【登録完了メール】
申込み終了後に「登録完了メール」が届きます.登録終了時に発行される「受付番号」は,審査結果の閲覧や,講演原稿の提出の際に必要となりますので,必ず記録して残すなどして忘れないようにしてください.インターネットによる申込がうまくいかない場合や,「登録完了メール」が届かない場合には,下記の問合先までご連絡ください.

STEP2

【概要審査結果の閲覧】
講演概要の採否は715日(水)730日(火)にお知らせいたします.第15回岩の力学国内シンポジウム実行委員会より「講演概要の審査結果公開」の電子メールが届きましたら,「投稿者専用入口」ページにアクセスし,「登録メールアドレス」と「受付番号」を用いてログインして,審査結果を各自で確認してください.
採択の際には続いて講演原稿を作成・提出していただきますが,講演原稿作成にあたっては,審査結果報告書の指摘事項を反映させてください.

STEP3

【講演原稿の作成】
講演原稿の作成にあたっては「ダウンロード」の原稿作成例や原稿書式テンプレート,PDF作成指針を参考にしてください.

【講演原稿の提出】
講演原稿は,下記期間内に「
投稿者専用入口」ページからPDF形式でアップロードしてください.PDFファイルのサイズは3.0MB以内とします.なお,原稿を投稿するためには,著作権譲渡の承諾が必要です.
◆講演原稿提出期限:2020930() 17時(厳守)

【投稿完了メール】
講演原稿提出後に「投稿完了メール」が届きます.インターネットによる講演原稿のアップロードがうまくいかない場合や,「投稿完了メール」が届かない場合には,下記の問合先までご連絡ください.

STEP4

【原稿審査結果の閲覧】
講演原稿の採否は1031日(土)にお知らせいたします.第15回岩の力学国内シンポジウム実行委員会より「論文原稿の審査結果公開」の電子メールが届きましたら,「投稿者専用入口」ページにアクセスし,「登録メールアドレス」と「受付番号」を用いてログインして,審査結果を各自で確認してください.

STEP5

【最終原稿の提出】
審査結果報告書の記載事項をよくご確認のうえ,原稿を修正し,下記期限までに最終原稿を提出してください.
STEP4の審査結果が「このまま受理」の原稿については,STEP3の提出原稿が自動的に最終原稿となります.)
◆最終原稿提出期限:20201115() 17時(厳守)

最終原稿において,審査結果報告書での指摘事項が反映されていない場合には再修正をお願いする場合があります.

■問合先

岩の力学国内シンポジウム実行委員会 事務局
E-mail
jsrm_sympo_2021"at"rocknet-japan.org

"at"を@に変換してください.

 

<投稿者専用>

☆講演原稿 投稿者専用ページ入口

投稿者専用入口

概要申込み,講演原稿提出,審査結果閲覧等は,ここから入場してください.
入場の前に[
講演募集案内]をよく読み,手続きの流れを確認してください.

申し込み内容の確認と修正

申し込み内容の確認と修正は,ここから入場してください.

 

☆ダウンロード

 

WEB技術展示出展 申込書

 

WEB技術展示作成マニュアル

 

☆留意事項
最終原稿の提出期限は20201115()17時です.

 

<ダウンロード>

[Windows]  右クリックで[対象をファイルに保存],または該当メニューを選択

[Macintosh]  対象をoptionキーを押しながらクリック.

 

☆ダウンロード

file■原稿テンプレート(MS Word: 約55KB Word2003以前(拡張子doc

file■原稿テンプレート(MS Word: 約40KB Word2003以降(拡張子docx

file■原稿テンプレート(PDF: 約270KB

 

PDF作成指針

講演原稿のPDF化にあたっては,土木学会論文集用の下記のページをご参照ください.

なお,提出するPDFファイルのサイズは,3.0MB以内です.

 

PDFファイルの作成の手引き(土木学会論文集HPが開きます)

 

 


Copyright (c) 2004 JSRM All Rights Reserved